オメガ3脂肪酸のサプリでラクラク生活習慣病予防

薬

オメガ3脂肪酸の効果

サプリメント

青魚に多く含まれている、エイコサペンタエン酸のEPAやDHAのドコサヘキサエン酸、クルミやゴマなどの種油に多く含まれているα-リノレン酸はオメガ3脂肪酸の代表的な成分です。オメガ3脂肪酸には、現代病と言われている生活習慣の予防をすることが出来ます。それは、EPAやDHAにその機能があるためです。EPAには、血液が固まってしまう異常の改善、脂質の代謝をよくし血栓を予防する効果が研究で明らかにされています。DHAはさらに、効果が高い成分で生活習慣と一括りでいっても様々な生活習慣病が存在します。それ全てに対応できる成分といっても過言ではないのがDHAになります。また、DHAには脳や自律神経をサポートする成分が多く含まれており、脳の発達や神経の機能維持、機能改善にとても大切な役割を持っています。最近の、研究でDHAは脳だけではなく認知症の予防にも効果が高いと期待されているマルチな脂肪酸と言えます。

青魚に含まれているエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)には、両方共血液の流れを良くする成分です。そのため、心筋梗塞や脳梗塞などの血管が詰まって起きる生活習慣病に効果が高いと期待されています。エイコサペンタエン酸(EPA)では血液の凝固を抑えることが出来ます。ドコサヘキサエン酸(DHA)は血液中の悪玉コレステロールを減らす事ができ二つの成分の得意とする分野がこれらになります。また、もう一つのオメガ3脂肪酸の成分であるα-リノサン酸にも悪玉コレステロールを減少させて、善玉コレステロールを増やすことで高血圧などの生活習慣予防をすることができるのです。てとも身体に良い成分ではありますが、摂取量を間違えると怪我をした時に血液が止まらなくなってしまう場合があるので1日摂取する容量はしっかりと守る必要があります。